妊娠あれこれ

自転車に乗る女性

妊娠中に自転車に乗っても大丈夫?妊娠中の自転車には危険がいっぱい!

自転車に乗る女性

ちょっとそこまで…の外出に自転車はとても便利ですよね。

上の子の送り迎えや日頃の買い物など、自転車を愛用している人は多いはず。

でも、妊娠中は自転車での移動は控えた方がいいですね。

妊娠中に自転車に乗ってはいけない理由をご紹介します。

妊娠中は自転車はやめておきたい3つの理由

1お腹への振動

自転車は振動がダイレクトにお腹に伝わります。

そのため体への負担も大きく、出かける時には全く大丈夫だったのに、自転車に乗っている間にお腹が張ってくるということも。

モカは近場だからと油断して、妊娠6ヶ月の時に自転車を使った事がありますが、お腹が張ってしまい夜には腹痛と腰痛に襲われてしまいました。

もちろん必ずそうなると言うわけではありませんが、体調に悪影響を及ぼす可能性がある事は知っておきたいですね。

2体のバランスが悪い

お腹が大きくなってくると、体のバランス感覚が妊娠前と変わってきます。

自覚なしに自転車に乗っていて、ふとした瞬間にバランスを崩す事もありえるのが妊娠中の体です。

自転車で転んだ時の衝撃は、歩いていて転ぶ時以上の衝撃です。

上の子を後ろに乗せていたら、もっと大変。

ママの体、お腹の赤ちゃん、そして上の子の体のためにも妊娠中は自転車での移動は控えましょう。

3何かあった時に自転車は自由がききにくい

何か異変が起きた時、自転車での移動ですと融通が利きにくいという面もあります。

車での移動したら急にお腹が痛くなったら、車を近隣の駐車場など止めて車の中で少し休むことができます。

徒歩でも移動の場合も、その場にタクシーを呼んで対処することが可能です。

でも、自転車での移動の場合、自転車に座って休んでもあまり体は休まりませんし、その他の交通手段も使いづらい状況になってしまいます。

自転車はリスクが高い割に、非常事態の時に自由が効かない場合が多いのです。

まとめ

便利な自転車移動ですが、妊娠中は控えておきましょう。

近い場所ならば徒歩にすることで、運動不足も解消され妊娠中の体重管理にも一役かってくれますよ。

上の子の送り迎えを徒歩に変えるのは大変ではありますが、、咲いている花を見たり、コミュニケーションの時間か増えたりとメリットも多いものです。

徒歩では大変な買い物などは、自動車を使ったり宅配スーパーや生協のサービスを使うのもいいですね。

こんな記事も読まれています

  1. 運転する女性

    妊娠中の車の運転でシートベルトがお腹を圧迫して苦しい!?対処法はコレ

  2. 花粉症の女性

    妊婦の花粉症をどう乗り切る?妊婦さんにも安心の花粉症対策

  3. 母子手帳

    母子手帳っていつから使うの?母子手帳ももらいに行く時期

  4. 体重計に乗る女性の足

    つわりで辛いのに体重は減らない!?体重が減らない3つの理由

  5. 便秘解消

    妊娠中の便秘解消にいい、とびっきりのドリンクがあった!?

  6. つわりの波が激しい!つわり再発をのりきる対処法【体験談】

PAGE TOP