ママの悩み

仕事をする女性

ワーママに疲れた時に読んで欲しい話【心が楽になる3つの魔法】

お仕事をしながら、育児や家事をこなすのって大変ですよね。特に小さい子供のお世話をしながら仕事をするのは、本当に辛いものがあります。

朝は早くからぐずる子供を何とか用意させ、保育園へ。
帰りは保育園へ子供を迎えに行き、バタバタと夕食の準備。
子供にご飯を食べさせ、お風呂に入れて、寝かしつけ。
やっと一息っと思ったら、今度はパパが帰ってきてパパご飯の準備・・・。

そんな毎日の繰り返しに、働くママはヘトヘトです。私もワーキングママ歴10年。紆余曲折を経て今に至ります。ワーキングママに疲れてしまった頑張り屋さんのママに送る、3つの心が楽になる秘密の魔法をご紹介します。

お疲れワーキングママのための3つの魔法

手抜きだって大切なこと

やるからには仕事も頑張らなきゃ
この子のために育児にも手を抜きたくない
家事だってちゃんとこなしてみせる
あなたの頭の中ってこんな感じになっていませんか?

あなたはとっても真面目な方です。だから、全部を頑張ってしまうのですよね。

でも、あなたはスーパーウーマンではありません。いいえ、誰もスーパーウーマンのあなたを求めている訳ではないのです。

家事なんて1日2日サボったって、死にはしません。家族みんなで健康に過ごすことができます。バランスのとれた手作りのごはんは確かに素晴らしいですが、スーパーのお惣菜だって美味しいですよ。

あなたが元気でいてくれることが、家族にとって一番の幸せに繋がるはず。女性は家の中で人を惹きつける存在です。ママが家族の太陽なんです。賢いワーキングママは、手の抜き方を覚えていくことも大切です。

ママだけの楽しみを見つけましょう

ワーキングママが疲れてしまっている場合、すべてが家族のためになっていることが多いです。家族の生活のために仕事をして、家族のための家事・育児。とても素敵なことですが、肝心のあなたの気持ちが置き去りになってしまっていませんか?

ママだって1人の人間です。ママになったらから全てを諦めて、我慢する必要はありません。

むしろ、我慢のみの生活はオススメしません。
私は家族のためと思って、自分のことは後回しで諦めてきました。でもこれって結局心に負担が大きくて、ある時爆発するんです。
私の場合、それはうつ病でした。

うつ病になってしまうと、それこそ家族は大変です。そうならない為にも、ママだけの小さな楽しみをたくさん持っておく事をオススメします。

例えば、仕事が早く片付きそうな日はフレックスを使ってちょっと早上がりして、ゆっくりお茶をしてから子供のお迎えに向かったり
いつもは買わない高級チョコを買って、1人の時間を見つけてこっそり食べたり
有給を取って1人でプラネタリウムに出かけたり、友達とおしゃべりしたり
寝るときにお気に入りのアロマを焚いたり

些細な楽しいことをいっぱい見つけて、生活の中に少しずつ散りばめて下さい。ママだけの楽しみって、家庭のためにも本当に必要だと痛感しています。

スキンケアタイムをリラックスタイムに!

スキンケアの時間って、どう過ごしていますが?毎日のスキンケアタイムを、リラックスタイムに転換してしまうのがオススメです。

リラックス効果のある精油を使っている化粧品を使うだけで、いつものスキンケア時間がリラックスタイムに変身します。ラベンダーやゼラニウム、ローズなどのアロマの香りは、脳に直接働きかけストレスを軽減させてくれる効果があります

ティートリーなどの免疫力を高める効果のある精油を混ぜる事で、日々の体調管理にも役立ちます

アロマは準備がちょっと面倒、どの精油を使ったらいいのか分からないという声も聞きます。確かに、アロマはちょっと面倒な印象がありますよね。そんな方には、リラックス効果のある精油をたっぷり使った化粧品を使ってみるのもいいですね

スキンケアならば毎日のことなので、気軽にアロマを生活の中に入れる事ができますし、スキンケアの時間がリラックスタイムになるのでお肌の血行も良くなり、美肌効果も期待できます。スキンケアとストレスケアが同時に行える化粧品は、忙しいワーキングママに取って救世主になってくれますよ。

毎日、自分を誉めてあげてください

ワーママは本当に大変です。辛くなったら自分を甘やかしてあげてください。(辛くなる前に自分を甘やかす日をつくるのがオススメです。)限界になってしまうと、這い上がるのが本当に大変です。適度に息を抜かないと息が詰まってしまいます。

ご主人に子供を預けてお出かけする時間を作れればいいのですが、そうもいかないから辛いんですよね。本当は親に手伝ってもらっても自分の時間が作れるのが理想的だと思うのですが、難しい場合には夜子供が寝た後の時間を自由に使ってみてください。

自由時間と言っても外には行けないし、できることは限られてしまいます。その中でも楽しいことはあります。好きな俳優さんの出ている映画を見たり、趣味の時間に使ったり。ちなみに私は睡眠命なのでとにかく寝ます!笑

次の日が休みなら、子供を寝かしつけながら一緒に寝ます。ひたすら寝ます。家事なんて放っておきます。家事よりも私の体調と気持ちのリフレッシュの方が大切です。元気になったら翌日にまとめて家事をすれば大丈夫です。

まとめ

「お母さんは家族の太陽」です。昔から言われる言葉ですが、本当にそうだと思います。お母さんが笑顔でいると、子供も旦那さんも安心します。そして家が居心地のいい場所になるんです。

頑張り過ぎず、肩の力を抜ける時間を意識して作っていくようにしてみませんか。

こんな記事も読まれています

  1. 【お金がなくて辛い】実際に貧乏生活から抜け出せた6つの方法

  2. うつ病の女性

    うつ病、パニック障害体験記!これって誰でもなる可能性がある

  3. 教室

    担任の先生がはずれ!?担任の先生と合わない時の対処法

  4. 聴診器をお腹に当てる妊婦

    妊娠3ヶ月のママの様子、赤ちゃんの様子!気をつけたいのはコレ

  5. 箱根

    赤ちゃん・子供連れでも安心のお宿【箱根編】

  6. 【格安SIM選び方のポイント】ココを間違うと後悔する!?

PAGE TOP