子育てあれこれ

空に挙げる手

子供の成功は親の背中がつくる!子供を成功に導く3つのポイント

空に挙げる手

将来、子供に成功して欲しいと願う方は多いと思います。

それが大きな成功でなくても、子供が望む人生を切り開いてくれれば嬉しいですよね。

でも、あなたの願いは本当にそれだけですか?

 

できればいい学校に入ってもらいたい

友人に恵まれて欲しい

お金に困って欲しくない

会社に入ってからも出世していって欲しい

そんな思いだってあるはずです。

それは、親だから当然だと思います。

モカも子育て途中で結果はでていませんが、自分の経験も合わせて考えてたどり着いたことがあります。

子供の成功は親の背中がつくる

その結論に至った理由をお伝えします。

1実際に見ているものは現実のものと受け止められる

子供に成功して欲しいと望むならば、まず親が成功すべきです。

なぜなら、子供にとって毎日一緒にいる親ほどリアリティのあるものはないからです。

例えば、子供が野球選手になりたいと思っているとします。

自分の親が野球選手だったら、その夢を実現している人がいるので、子供はよりリアルにその夢を描くことができるようになります。

そして、そのために必要なことを自分で考えるようになります。

でも今更、野球選手にはなれないですよね。

別に直接的な事でなくてもいいんです。

親が目標に向かって頑張り、その目標をどんどん達成していく姿をみせることで、子供は頑張れば夢は叶うことを学びます。

子供が幼い頃に親が裕福で色々な体験をしたが、その後親の会社が倒産し貧乏暮しをしていたという友人に何名か会ったことがあります。

でも、その友人たちは大人になった今、みんな社長として活躍しているんです。

こういったパターンはとても多いそう。

実はこういった子供たちは成功した世界をより強くイメージすることが可能なので、その後どんなに辛い生活を強いられても、具体的にイメージできる場所までは辿りつくことができるのだそうです。

2多くの体験をさせる

子供を成功させたいなら、成功した世界を実際に見せてあげることが必要です。

野球やサッカーの試合をテレビで見て勉強するのもいいですが、実際にその場に連れていくことでテレビに映っていない選手の動きなども見ることができます。

実際に見ることで、自分がその場にいたと仮定して、どう動くかを頭の中でイメージすることができるのです。

もっと言えば、海外の有名チームのサマースクールなどに入れて、たくさん上手な子がいることを思い知ってくればいいんです。

挫折はありません。

子供のうちに様々な経験をし、様々な感情をもつことで圧倒的に大きく成長します。

学力は親の収入に比例するなんて言われますが、それは塾に通わせる費用があるからではなく、子供の頃から色々なものを見て、考える機会が多かったからだと思います。

モカは勉強は自分で教えればいいと思っています。

でも、経験だけはちょっと頑張ってお金を出してでも、たくさんさせてあげたいと考えています。

もちろん、お金がなくても「自分ならできる」という気持ちが強い子の学力は伸びます。

自己肯定感を育む教育をしていきたいですね。

3子供は親のようになりたがる

子供は基本的にお父さん、お母さんが大好きです。

だから、自分が大きくなったらお父さん、お母さんのようになりたいと思っている子供は意外と多いものです。

表面的には、「大きくなったら〇〇になる!」と言っていても、心の中では親のようになりたいと思っている子も多いのだそうです。

私もそうでしたし、友人にも親と同じ職業についている方がたくさんいます。

モカも本当は母のように専業主婦になりたかったです。

ある時、母にポロっとこのことを話したら、とても怒られました。

「自分の仕事はしっかり持つべき!手に職をつけなさい」

これは、その時の母の本音だったのだと思います。

だから、母は私が何があっても困らないよう、勉強することを望んだのだと今は思えます。

子供に上を目指してもらうには、まずは子供に誇れる親であることが大切です。

まとめ

子供に本当に成功して欲しいならば、成功して輝く親の背中を見せるのが最も近道かもしれません。

うちの子供たちは、私が自分らしく仕事をするようになってから「自分にできないことはない!」と言うようになりました。

人間、やれば何でもできるんです!

実際にできてる人がいるんだから、自分にできないはずがないんです。

そりゃ、得意不得意はありますが、人の2倍3倍やって結果がついてこないなんてウソです。

断言できます!それは”やってるフリ”で実際にはやっていません。

(このお話は長くなるので、また今度・・・笑)

子供たちには、自分を信じて成功するまで突き進む強さを見せてあげるべきだと思います。

そして子供たちには、日本を支えていく強い人になって欲しいです。

こんな記事も読まれています

  1. 知育玩具は高い…【節約しながら知育する方法を見つけた話】

  2. ドーナツ枕はいつから使う?絶壁や向き癖への効果と人気の枕もご紹介!

  3. 仕事復帰する女性

    生後2ヶ月で仕事復帰!?低月齢で保育園に預ける悩みを解決!

  4. 泣く赤ちゃん

    夕方から赤ちゃんが泣いて困っているママへ!黄昏泣きの乗り切り方

  5. ワールドワイドキッズとディズニー英語システムどっちがいい?結論は○○!…

  6. 赤ちゃんの英語教育はいつから?実は○○の順番が肝だった!?

PAGE TOP