妊娠あれこれ

体重計に乗る女性の足

つわりで辛いのに体重は減らない!?体重が減らない3つの理由

つわりは本当につらいですよね。終わりがくるものとはいえ、24時間船酔い状態で食べられる物も限られてしまうと、ココロも体も参ってきます。つわりで5キロ、中には10キロも体重が落ちてしまう妊婦さんもいます。でも、なぜかこんなに辛くて吐き続けているにもかかわらず、体重にはほとんど変化がないこともあります。

ご飯もほとんど食べられてないはずなのに、どうして?と逆に悩んでしまいますよね。実は、モカもつわりが辛かったのに体重がほとんど落ちませんでした。

でも心配することはありません。つわりで辛いのに体重が落ちな3つの理由をご紹介します。

つわりで辛いのに体重は落ちない理由

1実は必要なカロリーが取れている

妊娠すると活動範囲が狭くなりがちです。つわりで体が辛い時には、特に出かけることを控えますし、横になって過ごすことも増えるでしょう。そのため、体が必要とするカロリーも普段よりも大幅に減っていることも考えられます。

つわりで吐いてしまっていても、胃の中のものが全て空になってしまうわけではありません。気持ちが悪くても頑張って食事を摂っている場合、必要カロリーは少なくなっていることもあり、意外とカロリーが取れていることもあるのです。

2基礎代謝が落ちている

横になって過ごすことが増えると、筋肉量も落ちていきます。すると体の基礎代謝量も減ってしまうのです。

また、年齢とともに基礎代謝は落ちていきます。18歳〜29歳までの平均基礎代謝基準値は体重1kgあたり23.6(kcal/kg)なのに対して、30歳〜49歳では  21.7(kcal/kg)まで落ちてしまいます。

この数値は基準値なので、普段から運動をしていない人ならばもっと低い数字になります。

モカのように20代の出産時のつわりでは体重が減ったのに、30代の出産ではつわりでも体重が増えてしまうという場合には、基礎代謝量が落ちているため、体がそれほどカロリーを必要としていないと考えられます。

3体質

女性の体はデリケートなので、食事の量は少なくても妊娠すると体重が増えてしまう体質の人もいます。病院は意外とシビアなので、つわりで吐いていて辛くても、体重が増え過ぎてしまうと注意事項欄に体重管理を記載されることもあり、どうしていいのかわからなくなりますよね。

そんな時は、しっかりと医師に現状を話してみましょう。

つわりで吐いてしまうこと、でも体重は増えること。どうしていいのか悩んでいること・・・。妊娠の経過は人それぞれ違います。あなたが不安に思っていることを話すことで、医師にもあなたの体質を知ってもらえますし、良いアドバイスをもらえるかもしれません。

つわりが辛い時には乗り越えることに集中する!

今は妊娠中の体重管理にシビアな病院が増えていますし、妊婦さん雑誌でも体重増加のリスクについて特集されていることも多く、つわりであまり食べていないはずなのに体重が増えると悩んでしまいます。

でも、いまはつわりが去るまで持ちこたえることが最優先です。体重管理はつわりが軽減して、ちゃんと食べられてちゃんと動けるようになってからで間に合います。ちゃんと生活が送れていない今、体重が減らないことに悩んでいても気持ちが滅入るだけです。落ち込んでいたらお腹の赤ちゃんだって悲しみます。

多くの場合、つわりはいつか軽減する時がきます。一般的には妊娠中期にはつわりが落ち着く方が多いです。私も中期にはつわりが落ち着き、食事の栄養管理や軽い運動(散歩)などができるようになりました。私も3人目妊娠時につわりがあるのに体重が増えてしまい、病院の先生に体重へのご指摘を頂き悩んだこともありましたが、出産時には体重増加はプラス6kgとなかなか優秀な方で先生にも褒められました。

私の3人目の母子手帳を見ると、妊娠11週→妊娠15週の間の1ヶ月で2kg増えていますが、つわりが落ち着いて1ヶ月後には1kg体重が減っていました。結果的にはプラス6kg。もちろん検診時の血液検査もほとんど異常はなく(ちょっと貧血気味でしたが…)、出産時にも何も問題なく元気な赤ちゃんを出産できました。

つわりが辛い時には、ママの体調を優先した方がいいです。体重管理は後から考えましょう。妊娠中の体重管理のために食べていた食事などもご紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

まとめ

辛いつわりを耐えているのに、体重は変わらなかったり、むしろ体重が増えてしまうと、本当に心が折れそうになりますよね。普段から体重を気にしていない人ならばそこまで嫌にはならないのかもしれませんが、モカのように普段から体重を気にしている人にとっては、心に重くのしかかります。

妊娠中は体重管理もしなくてはなりませんので、つわりが終わった後の事も考えると先が思いやられる気持ちもわかります。でも、つわりが辛い今はママの身体のために体調のことを最優先に考えてあげてください

体重が増えやすい体質であることを知っておくことで、つわりが終わった後の食事や体調の管理を気をつけるきっかけになります。ポジティブに考えて、今はつわりの日々をうまく乗り切ることを考えましょう。

大丈夫です、体重管理はまだまだ後から巻き返せます!

こんな記事も読まれています

  1. 歯の治療をする妊婦

    妊婦の歯の治療っていつまでできるの?

  2. コーヒー

    妊婦なのにコーヒーが飲みたい!それって○○不足かも!?

  3. つわりの波が激しい!つわり再発をのりきる対処法【体験談】

  4. 自転車に乗る女性

    妊娠中に自転車に乗っても大丈夫?妊娠中の自転車には危険がいっぱい!

  5. コットで眠る赤ちゃん

    出産する病院の選び方!失敗しない産院選び7つのポイント

  6. 冷蔵庫の前に立つ妊婦

    妊娠での空腹感をどうにかしたい!小腹がすいた時に食べやすいもの

PAGE TOP