妊娠あれこれ

つわりの波が激しい!つわり再発をのりきる対処法【体験談】

「やっとつわりが落ち着いた!」と思ったのにつわりが再発したり、「今朝は体調がいい」と思ったのに夜に再発するつわり。つわりの波の激しいと気分も滅入りますよね。今回は、つわりの波が激しかったり、一旦落ち着いたつわりが再発した時の対処法をご紹介します。

つわりには【時間の波】と【期間の波(再発)】がある

つわりには1日のうちにつわりの波がある時間の波と、つわりがない日が何日も続いていたのに、またつわりが始まる期間の波(再発)があります。

朝気持ちが悪くて起きつわりが激しいが昼や夜はつわりが軽減する【朝型つわりや、昼間だけつわりが激しい【日中つわり】、夜になると急に気持ちが悪くなる【夜型つわり】など1日の中でつわりの波があるのが時間の波

一方、つわりが軽くなって喜んでいたら、数日後、数週間後にまたつわりの症状が突然始まるのが期間の波(再発)です。

時間の波は、つわり期間中でも感じている方が多いと思いますが、再発もよくあるパターンです。再発はいつ来るのか分かりにくいですが、時間の波や期間の波は比較的予想しやすいので、ママの体の負担を減らすための期間だと思い、つわりが軽減している時間に体を休めたり、どうしても動かなくてはいけない用事を済ませたりして、つわり君を主体に置いた生活にしてみると気が楽になったりします。

朝型つわりは空腹が原因のことも

朝型つわりの方は、お腹の中に消化できるものがなくなったことが原因になっていることもあります。起きたらすぐに食べられるものを枕元に置いておくだけでも楽になることがあります。

夜型つわりは疲労が原因のことも

夜型つわりは身体が疲れているサインであることも。つわりの起こりやすい妊娠初期は、体の変化も大きくとても疲れやすい時期です。私は大して動いていないはずなのに、妊娠初期はすぐに疲れて眠くなっていました。身体に疲労やストレスがたまることがつわりの原因となることもあります。

夜型つわりの方は、昼間の活動量を少し抑え気味にしてみたり、それが難しい場合には帰宅してからは、家事などは最小限にしてゆっくり体を休める時間を作ってみてください。就寝時間を1時間早めるだけでも、身体はかなり回復しますよ

つわりの波が激しい!つわり再発の理由は?

つわりに波や再発がある理由はわかっていないそうです。ホルモンのバランスの変化によってつわり起こるとされていますが、それに波がある明確な根拠はまだないそうです。ホルモンの変化が落ち着く妊娠中期になるとつわりが落ち着く方が多いとされていますが、実際には出産までつわりに悩む方もいますので、個人差が大きいのがつわりです。

激しい波を感じる方もいれば、波などなく1日中つわりに悩む方もいます。つまり、つわり自体はコントロールが難しいので、いかにつわりの波をのりきるかが大切になってきます。

つわりの再発をのりきる対処法

つわりの波や再発をのりきる方法は大きく分けて2つです。【つわりには波があるものと思っておくこと】と【つわりを紛らわす方法を見つけておくこと】です。なんじゃそりゃ!というような回答ですが、この2つを意識して事前に準備と心構えをしておくのと、そうでないのでは全然違ってきます。冷たい氷や氷菓を口に入れるとスッキリする方もいれば、暖かい飲み物を飲むと少し軽減される方もいます。つわり軽減方法に絶対はありません。

ちなみに、私のつわり対処法は以下の4つでした。

アイスノンや冷えピタを常備

頭が冷たくなると気持ちがよく、つわりのムカムカが少し軽減する感じがしました。一旦つわりが落ち着いたと思っても、出産までは冷凍庫の中にアイスノンを常備したり、外出時にも冷えピタをバッグに忍ばせていました

完全に横にならず半分くらい身体を起こしておく

私の場合、完全に身体を横にするよりも、半分くらい身体を起こしている方がつわりが楽でした。リクライニング式のソファーなどはありませんでしたので、クッションや毛布を使ってベストな高さに調節していました。

つわりが完全に落ち着きまでは、いつでも身体を楽に休められるスペースを確保しておくと安心です。

ご飯は少量ずつ数回に分けて食べる

つわりが去ったと思っても、突然波がきたり再発することに備えてつわりが終わったと思ってもしばらくはご飯を数回に分けて少量ずつ食べるのもよかったです。たくさん食べた後につわりの波が来ると辛すぎて、とてもじゃないけど動けませんでした。家ならまだいいけど、職場や外出中に来ると最悪でした。

つわりが落ち着くと、ついついこれまでの分まで食事を楽しみたくなりますが、波は来るものだと思って様子を見ながら少量ずつ食べると安心です。私は職場でも昼食は軽めにして、15時くらいに家から持参した小さめのおにぎりを食べていました。そして、職場から帰る前にまた1つ。

つわりで白米がダメになっていなければ、オリンピックでも選手を支えたとして有名になったパワーボール(一口大のコロコロおにぎり)がおすすめです。

つわりの波がきても食べやすいもの、飲みやすいものを探しておく

つわり中にも何か食べないとママの身体が参ってしまいます。何か食べやすいものを探しておくといいですね。そして、つわりが落ちついたと思っても再発に備えて出産まではいつでも食べられるようにしていました。ちなみに私はソイジョイのイチゴ味がお気に入りでした。すぐにダメになるものでもないので、いつもバッグの中にも忍ばせていました。体調がいい時にソイジョイを買い込んでいました。(お店の方、すみまません)

水も飲めないほど酷いつわりの波が襲って来る場合には、病院に相談してみてください。点滴をしてもらうと楽になることもあります。

つわりの波がある時は職場にも相談しておくと安心

私は1人目の妊娠時は仕事に行っていましたが(2人目,3人目は切迫流産でつわり時期は安静指示が出ていました)、つわりがひどい旨を職場には伝えており、どうしようもない時には応接室のソファーを貸してもらっていました。妊娠は病気ではないので職場には迷惑をかけたくないと職場に相談しにくいと考える方もいますが、私は職場にかける迷惑を最小限にするためにも自分の体調のことは職場に相談しておくべきだと思います。

実はこれは、職場の先輩ママが教えてくれたことなんですけどね。月日が流れ、実際に上の立場になってみるとこの言葉の意味がよくわかります。何かあってからでは、職場も対応ができません。職場に迷惑がかかる可能性のあることだからこそ、【ホウレンソウ】で乗り切りたいですね。

つわりに波や再発を感じる人は多い

産院のプレママ学級のグループワークに言って聞いた見たところ、つわりの波やつわりの再発を感じていた人が大多数でした。実は、1人目、2人目の時にも同じ質問をたくさんの妊婦仲間にしてみたのですが、つわりを感じていた人の多くが波を感じていました。

つわりの波や再発がない方もいますが、出産まではつわりとの戦いがいつ再開するかわかりません。中にはノンストップで出産までつわりに苦しむ方もいるそうなので、「一時休戦させてもらえるだけでも、だいぶマシ」とポジティブに捉えることにしていました。悲観しても状況は何も変わりません。

私のつわり再発体験談【ダラダラつわりに悩みました】

私の場合、3人目の妊娠でつわりの波をガッツリ体験しました。妊娠7週頃からつわり症状がはじまり、1日中胸がムカムカしていましたが、主に夜型のつわりでした。朝になると比較的スッキリするタイプですね。それが10週くらいまで続き、ピタッと楽になり喜んでいたのですが…

1週間後(11週)に見事につわり復活。期間の波に突入です。

1週間くらいつわり症状がありピタッとなくなり(12週)、14週くらいに再々発。1週間くらいのサイクルでだらだらと妊娠24週くらいまでつわりが続いていました。上の子2人の時には、妊娠中期に入るくらいにはピタッっとつわり症状が起こらなくなったので、こんなにダラダラつわりが続くことに驚きました。

でも、よくよく考えてみたら3人目の時には日中の仕事に加え、上の子の習い事などの関係で動き続けていたなぁと…。時間の波も夜型だったので、身体に疲労がたまってしまいダラダラとつわりが続いてしまったのかもしれません。

妊娠中は休める時は休んだり、休めなくても無理してでも休息の時間を作ることも大切です。もしあなたが私のように、つわりがダラダラ続いてしまっているなら、一旦ゆっくりと身体を休めてあげてください。「ママ休んで!」という赤ちゃんからもメッセージかもしれません。

まとめ

つわりの波や再発は多くの方が経験しているようです。落ち着いたつわりが再発すると焦りますが、特別な病気でない場合が多いです。

いつまでつわりの波に悩まされるかは分かりません。でも、出産すれば落ち着くことは確かです。長いですが、それまではうまくつわりと付き合っていく覚悟で、あなたなりのつわり対策を見つけてみてください。

心配な場合には、妊婦健診の時に病院で相談してみてくださいね。

 

こんな記事も読まれています

  1. コーヒー

    妊婦なのにコーヒーが飲みたい!それって○○不足かも!?

  2. 歯の治療をする妊婦

    妊婦の歯の治療っていつまでできるの?

  3. 運転する女性

    妊娠中の車の運転でシートベルトがお腹を圧迫して苦しい!?対処法はコレ

  4. 花粉症の女性

    妊婦の花粉症をどう乗り切る?妊婦さんにも安心の花粉症対策

  5. 間食

    妊婦の間食は体重増加の原因!?【妊娠中のおやつレシピ】

  6. 自転車に乗る女性

    妊娠中に自転車に乗っても大丈夫?妊娠中の自転車には危険がいっぱい!

PAGE TOP