出産あれこれ

喜ぶ女性

【知らなきゃ損!?】出産一時金にプラスしてもらえる付加金って知ってる?

付加金に喜ぶ女性

出産時に加入している健康保険から必ずもらえるのが出産一時金です。

誰でも、出産する赤ちゃん1人あたり42万円(産科医療補償制度に加入していない病院で出産する場合には40万4000円)もらえるのが出産一時金。

しかし、この出産一時金以外にも、出産時にお金がもらえる場合があるのです。

今回は、あなたが損をしなように、付加金についてご紹介します。

出産一時金だけじゃない!?出産時にもらえる付加金って?

出産時には、出産一時金の他にもお金がもらえます。

それが出産手当金付加金と呼ばれるもの。

呼び方は健康保険によって異なるようですが、この制度を知らないともらえるお金がもらえない事もあります。

出産した後に、加入している健康保険に申請を行うことで口座に振り込んでもらえます。

これは健康保険独自の制度なので金額もまちまちですが3万円くらいが多いようです。

出産手当金・付加金がもらえないパターン

驚く女性

中には、付加金をもらえる制度がない健康保険組合もあります。

国民健康保険に入っている場合、残念ながらこの付加金はありません

しかし、国民健康保険はお住いの市町村で加入しているもので、保険料や保険サービスも若干違いがあります。中には、市で独自に出産手当金があるパターンもありますので、お住いの市町村の国民健康保険に確認してみましょう。市町村のホームページで調べることも可能です。

 

また、出産一時金は直接支払い制度を利用して、健康保険組合に出産手当金や付加金の申請を直接手続きをしなかった場合も、付加金は手続きをしないともらえません。

気が利いている健康保険ならば、出産一時金の請求があった時点で「付加金」も自動で申請したことにしてくれる会社もありますが、そうでない場合が多いようです。

モカは会社員時代に加入していた健康保険組合は神対応の健康保険組合だったようで、付加金の手続きを何もしなくても(当時は付加金の存在を知りませんでした・・・)付加金3万円を会社経由で振り込んでくれました。

せっかく「付加金」をもらえるのに申請をしなかったばかりにもらえなかった・・・ということがないよう、加入している健康保険組合に「付加金」の制度はあるのか、何か手続きが必要なのか確認してみると安心ですね。

まとめ

出産一時金は広く知られていますが、忘れられがちな出産手当金や付加金。

出産一時金に比べれば金額は小さいですが、それでも知らないばかりに、もらえるお金がもらえないのは損です!!

これから子供にはたくさんお金がかかってきます。

お金はいくらあっても邪魔にはなりません。

忙しい中健康保険に問い合わせるのはちょっと面倒ではありますが、賢く3万円をゲットするために是非加入している健康保険組合に確認をしてみてください。

 

こんな記事も読まれています

  1. 支払い

    出産一時金の直接支払い制度!健康保険への手続きをご紹介

  2. 無痛分娩の流れは?無痛分娩を完全レポート

  3. 鏡の前の妊婦

    陣痛が始まったら上の子はどうする?出産前に考えておくこと

  4. 無痛分娩の痛みはどれくらい?無痛分娩でも痛い場合も!【体験談】

  5. 出産準備で家電を買い替える人続出!?使ったママが絶賛の便利家電とは?

  6. 赤ちゃんの手

    出産をきっかけに節約したい!出産後準備で節約する方法

PAGE TOP