趣味

長沼静きもの学院の口コミは?実際に体験に行ってきました!

ある日友人から連絡が入りました。「着物を母から譲り受けたから、着物教室に行こうと思うのだけど、どこがいいかわからなくて…」という内容でした。

私はちゃんと着付け教室に通ったことは無いものの、祖母がホテルなどで花嫁さんに着物を着せる着付師だった影響で、自分で着られる程度には着物が着られます。浴衣ぐらいなら他人にも着付けられるので学生の時には友達に浴衣を着せてあげたりしていました。

友人は「まぁ、日本の文化だし着物が着られたらカッコイイかなぁ」という気持ちで着付けを習ってみたいと思ったそうです。着付け教室って大手から個人までたくさんあります。友人と相談した結果『長沼静きもの学院』の体験に2人で行ってみることにしました。

長沼静きもの学院の体験がどうだったか、またなぜ長沼静きもの学院を選んだかなど詳しくご紹介します。あなたの参考になれば嬉しいです。

ネットから長沼静きもの学院の体験を申し込みました

友人は着物って売りつけのイメージがあたようで、知り合いから「着付け教室の体験に行ったら、入れ入れってうるさかった」と聞いたことがあったので、ちょっとビクビクしていたようです。

長沼静きもの学院の公式サイトから体験予約をしました。電話でも予約できますが、ネットから予約すれば24時間都合のいい時間に予約が取れるので便利です。意外と体験の空きがあるようで、希望の時間で予約が取れました。ネットから申し込むと予約内容の確認メールが届くだけで、エステのような電話確認もなし。メールが届けば無事に予約ができているので、あとは当日行くだけです。

いざ、長沼静きもの学院の船橋校へ

本当はもう少し近い自宅から近いところが良かったのですが、千葉には船橋校しかなかったので船橋まで行きました。関東だと都内や神奈川だともう少し店舗がありますが、地方には教室が少ないようです。

最初は船橋まで行くの面倒だなぁと思ったのですが、習い事のために電車に乗るのも気分が変わってなかなかいいものでした。

船橋校は船橋駅から徒歩5分くらいです。
エレベーターを降りて左側が受付、右側がお教室です。他の教室も駅から近い所にありますので、雨の日のお稽古も苦ではない距離だと思います。

長沼静の着付け教室体験って何をするの?実際の体験談

お教室に移動入ると、私達の他に組紐の練習をしている方が1名と、着付師コースの練習をしている方が1名いました。
2人分の着物と帯、一通りの着付け道具が用意してありました。

ず足のサイズを聞かれて足袋を履いて、いよいよ着付け体験スタート。

タイツを履いていたのですが、親指と人左指の間をわけ割れる余裕があれば、タイツを履いたままでも大丈夫でした。

結論から先に言うと、長沼静の着付け体験は、どんな道具を使って、どんな感じで着物を着るのかを体験するいう流れでした。着付けを教わって自分で着てみると言うよりも、「こんな道具を使います」と言う説明と共に、着物を着せてもらうと言う流れになります。

初めて着付け教室に通う方や、着物を着る機会が今まであまりなかった方には、これだけでもとても楽しい体験になると思います。友人は、着々と着物を着せてもらってテンションが上がっていました。「すごーい、すごーい」と子供のようにニコニコしている友人を見て、こちらも楽しくなりました。

長沼静きもの学院のコースは?

最初に簡単にコースの説明がありました。
簡単にまとめると以下のような感じでした。

基礎科(12回 3ヶ月)

小紋、浴衣、お太古の手結びまでができるようになるコース

■らくらくコース
道具や着物・帯などを全てレンタルできるコースです。 お稽古には手ぶらで通えます。
一括払い 4万円ちょっと
月払い8300円くらい(一括よりも割高)

■一般コース
道具や着物・帯を既に持っている方のコース
一括払い 2万円ちょっと

訪問着まで着られるようになるコース(4ヶ月)

着付師コース

着付けをお仕事にする方のコース

お教室が開けるコース

お免状を持って自宅で着付け教室が開けるようになるコース

正直、自分で着られればいいなら12回のコースで十分だと思います。普段着の着物や浴衣はキレイに着られるようになります。
卒園式や入学式に着物を自分で着る場合には、訪問着が着られないといけないので、さらに4ヶ月のコースを追加する必要がありますが、人生何回かならプロに頼んだ方がキレイで楽です。

まずは小紋や浴衣が着られれば十分だと思います。

長沼静の着付けには秘密道具がいっぱいだった!

着物を着るのは、普段や浴衣程度なら実はそんなに難しくありません。

ただ、やっぱりちょっとコツがいるのが帯結びです。帯をぐるぐる巻いている間に最後の部分の長さが合わなかったり、お太古がキレイにできなかったり…。でも、長沼静きもの学院は簡単に帯結びができる秘密道具があります。基礎コースではこの秘密道具を使ったやり方から教えてくれるので、簡単に着物が自分で着られるようになります。

私も体験で実際にこの道具を使わせてもらいましたが、帯のお太古部分を体に巻く前に整えておけるので、キレイに簡単に帯結びができました。初めて着付けを習われる方には、とってもいいと思います。「難しくて挫折した!」という結果には絶対にならないように工夫されているなぁと感じました。

ただ、今までに着付けを習ったことがあったり、自己流で着物を着たことがある方には12回のコースだとちょっと物足りないかもしれません。

着付けを習ったことがある人は長沼静は不向き?

着付けを何となくしたことがある人にとっては、体験は正直ちょっと退屈な内容だと思います。着物を着てみることが目的だから、キレイに着るという感じではないし、特に新しい学びは何もなかったし、正直「自分で着ればもっと着られるなぁ」と思ってしまいました。ただ、秘密道具は感動でした。

今まで着付けを習ったことがある方や、私のように何となく着物を着られる人がブランクを埋めるために通うには、長沼静の着付け教室はイマイチかなぁと感じました。お免状を取るなら基礎から学び直す必要はあるけど、私のように着るだけなら、必要だと思う部分だけ学びたいものです。

前にも長沼静のお教室に通っていたことがある人用には3回のコースがあったりするようですが、初めて長沼静の着付け教室に通う人は、経験者であっても12回の基礎コースから通うことになります。私は小紋やお太鼓は覚えているけど、訪問着が怪しいから学び直したいなぁと思っていたのですが、その場合にも基礎コースから通う必要があるそうです。

でも、先生はとても丁寧で一生懸命方法を考えてくださいました。
月払いにして既にできる課程は飛ばして8回くらいで基礎コースを終了して、次の訪問着のコースに早く安く進めるように考えてくれたり、一人一人の状況に応じて融通はきかせてくれるようでした。

大手の着付け教室って融通が効かないのが最大の難点だと思っていましたが、長沼静の着付け教室はとても良心的だなぁと感じました。でも、個人である程度着られる人には個人のお教室で、カリキュラムを組んでもらう方がいいですね。

ただ、初めて着付けを習う方には、長沼静は料金的にもお手頃だと思いました。着付けの必要な道具も一部を持っていれば全てをお教室指定品を買わなくても大丈夫ですし、まずは体験に行って要望などを相談してみるのがといいと思います。

着物を着て背筋が伸びる感覚、とても気持ちがいいですよ。

こんな記事も読まれています

  1. ポーランドのチョコレートがまずい!?マズイから安いの?

  2. TV

    【2017秋ドラマ】コウノドリ2が始まります!第2作目も見逃せません

  3. コードブルー映画

    【コードブルー】の映画はいつから?あらすじは?予告・最新情報もご紹介!…

PAGE TOP