脱毛

脱毛クリームはデリケートゾーンにも使えるの?デリケートゾーンの脱毛方法は?

自宅で比較的簡単に脱毛できるのでファンも多い脱毛クリームですが、デリケートゾーンにも使えるのか疑問ですよね。デリケートゾーンは自分で見えづらくムダ毛の処理がしにくい場所ですので、脱毛クリームでささっとケアができれば嬉しいです。

でも、結論から言うと、脱毛クリームは意外と肌に負担も大きいので、デリケートゾーンのケアには不向きです。なぜ脱毛クリームはデリケートゾーンに向いていないのか、そしてデリケートゾーンのムダ毛ケアに向いている方法をご紹介します。

脱毛クリームはデリケートゾーンに使えない!?

脱毛クリームは毛を抜くのではなく、薬品で毛を溶かします。正確言う、脱毛クリームでできるケアは脱毛ではなく「除毛」です。

脱毛クリームを使ってムダ毛をケアすれば毛を抜いて痛い思いをすることもありませんし、カミソリで傷ができることもありませんので、メリットを考えるとデリケートゾーンにも使用したくなりますよね。デリケートゾーンをカミソリで処理すると、ブツブツが残ったり、剃りきらなかった短い毛がチクチクしたりトラブルが多いので、どうケアしていいのか分からないと言う声も聞きます。

脱毛クリームのメリットはカミソリでの自己処理に比べ、毛穴が目立たなかったり短い毛でチクチクしにくいので、一見デリケートゾーン向きなのですが、デリケートゾーンは足や腕に比べて皮膚が敏感で、肌の刺激を受けやすい部分でなので、薬剤によって赤みや痛みを感じることもあります。脱毛クリームの箱をみてもデリケートゾーンの使用は禁止しています。脱毛クリームをデリケートゾーンに使用するのは避けましょう

また、脱毛クリームはカミソリなどと同じでその場しのぎのケアなので、デリケートゾーンのムダ毛ケアを脱毛クリームで行っても、すぐに毛が生えてきてしまいます・・・。特にデリケートゾーンは毛が生えてくればチクチクとの戦いとなりますので、脱毛クリームでのケアはメリットが少ないです。

デリケートゾーンのムダ毛はどうやって処理する?

自宅でデリケートゾーンのムダ毛を処理する時には、カミソリではなく電気シェーバーを使用します。デリケートゾーン用のシェーバーもありますが、フェイス用のヘッドが小さいもの方が剃りやすいです。

電気シェーバーは一般的なカミソリの用に皮膚を削ってしまうことがないので、ちょっとした刺激で肌トラブルになりやすいデリケートゾーンのムダ毛もキレイに処理できます。埋れ毛もできにくいです。

実際に剃る部分を鏡に映して剃らないとケガをする原因になりますので注意してください。ちょっと恥ずかしいですが、誰もいない場所でこっそりケアしましょう。

一番いいデリケートゾーンのムダ毛ケアは?

デリケートゾーンのムダ毛は、サロンやクリニックで脱毛するのがお勧めです。「デリケートゾーンを他人に見られるの!?」と抵抗がある気持ちもわかります。私も最初はそう思っていました。

一度脱毛サロンでデリケートゾーンのお手入れをすれば3週間くらいお手入れしなくても大丈夫ですし、6回くらい脱毛に通えば毛の量もグンッっと減ります。カミソリで剃ったりした後のチクチクもないですし、一度そのラクさを知ったら後には戻れない開放感です。

個人的には、脱毛サロンで脱毛してよかった箇所ナンバー1はなんと言っても「デリケートゾーン」です。パンツからはみ出る毛もなくなりましたし、生理の時にも衛生的でかぶれなくなりました。剛毛だった毛質がふんわり柔らかくなったのも嬉しいです。もう、ずっと触っていたいくらいです。笑

デリケートゾーンのムダ毛のケア「ハイジニーナ」とも呼ばれ、他の部分と同じく女性の身だしなみの1つとして定着してきましたし、実際にデリケートゾーンの脱毛をする方は意外と多く、サロンやクリニックの方は慣れていますので何とも思わないそうです。恥ずかしがらず、こちらも堂々としているのが一番です。数回の恥ずかしさを我慢すると、とても楽にそして快適になるので、デリケートゾーンのムダ毛ケアはできればサロンやクリニックでケアするのがベストです。

私のデリケートゾーンのムダ毛処理体験談【脱毛サロン編】

私がデリケートゾーンの脱毛を脱毛サロンでしてもらったのは、まだ「ハイジニーナ」という言葉が流行りだした頃です。今は全身脱毛サロンではデリケートゾーン(V,I,Oライン)のケアが含まれているのが主流ですが、私が脱毛した時にはIラインとOラインの脱毛をできるところはまだ少なくて、頑張って脱毛サロンを探して行きました。

デリケートゾーンの脱毛を決意した理由は、単純にデリケートゾーンの毛が濃かったから。剛毛で1本1本の毛が太いので、剃ってもすぐにプツプツしてしまい嫌だったのと、旦那とラブラブしていても自分の毛のゴワゴワが気になって仕方がなかったんです。

若い頃から「宝くじ当てて全身脱毛する!」が口癖だったほどの毛深さだったのですが、デリケートゾーンのムダ毛ケアって正解が変わりにくくて自分のケアが正しいのかも不安だったのもあります。腕や足は全く毛がないのがキレイですが、デリケートゾーンって他人と比べませんし、どういう状態にするのがいいのか分かりづらいですよね。

そこで、プロにお願いすることにしたのですが、Vラインの形から色々と相談に乗ってくれます。デリケートゾーンについてこんなに人と一緒に話したのは生まれて初めての経験でした。

最初の施術はやっぱり恥ずかしかったですし、痛かったです。ゴムで弾かれている感じの痛みがありました。今は脱毛機が進化しているので痛みは少し和らいでいるようですが、やっぱり少しは痛みもあります。でも、痛いのも恥ずかしいのも最初の1〜2回。慣れってすごいですね、デリケートゾーンの脱毛をしてもらっても恥ずかしく無くなります。毛も細くなっているので痛みもほとんど感じなくなっていました。

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしいから…と躊躇する方が多いのですが、一時の恥ずかしさを凌駕する快適さが待っています。ちなみに恥ずかしいさ度合いでいけば、初めての妊婦健診の方がずっと恥ずかしかったです。脱毛をしてくれるのは女性のエステティシャンの方なので、よく考えればそこまで恥ずかしくないんです。

個人的には根本的にデリケートゾーンの悩みが解決できる脱毛サロンでの脱毛がオススメではありますが、なかなか脱毛サロンに通うことが難しい方もいますし、痛みに弱い方もいます。そんな方には、全身(顔以外)に使える除毛スプレーが登場しましたので、こういった除毛クリームを使ってケアするものいいと思います。スプレータイプなので使いやすいですし、デリケートゾーンにも使えるV,I,Oラインにも使える除毛クリームは少ないので、気になる方はチェックしてみてください。「ケナイン」という除毛スプレーなのですが、厚生労働省で認可されている薬用除毛スプレーなので効果と安全性が違います。



(ちなみに私は背中の除毛にこのスプレーを使っています。)

まとめ

脱毛クリームはデリケートゾーンのムダ毛ケアには向きません。デリケートゾーンは肌が弱い箇所なので、負担のないケア方法を選択するようにしましょう。サロンやクリニックによっては、Vラインのみしか脱毛できないところもありますので、IラインやOラインも脱毛可能か公式サイトなどで確認しましょう。

また、デリケートゾーンの脱毛は他の箇所に比べて痛みを感じやすい場所なので、痛くない脱毛機器を使用していることも判断材料にした方がいいと思います。Iライン、Oラインの毛こそ、ムダです・・・。この部分の毛がないと、生理中の臭いも気にならなくなり本当に楽になります。

脱毛してしまうと、いつもキレイなデリケートゾーンが保てるのが良いですね。

 

 

PAGE TOP